【新規】デコード・トーカー、リンクスパイダーが高騰中!「STARTER DECK(2017)」効果、相場値段などの私的評価考察―新規、再録カードなど―【サイバース族】

TOP > STARTER DECK(2017) > この記事

 リンク召喚


 リンク召喚環境で初となる構築済みデッキが『STARTER DECK(2017)』です。

 気になるリンクモンスターも収録されており話題性充分。

 新環境を知るためにもチェックしておきたいデッキです。 


 この記事では、新スターターに収録される新規カードについて考察しています。

 新スターターを使ったデッキレシピ、相性のいいカードはこちらで紹介しています。

【遊戯王】3箱で作る「STARTER DECK(2017)」デッキレシピ 私的評価・考察【サイバース族】

【考察】「STARTER DECK(2017)」好相性サポートカード 私的評価考察【サイバース族】


*新サイバース族ストラクチャー『サイバース・リンク』の記事も書きました!

【遊戯王】3箱で作る「サイバース・リンク」デッキレシピ 動かし方、回し方・構築についての私的評価・考察【サイバース族】


*リンク召喚に関する考察はこちら。

【遊戯王】リンク召喚で使えるカード・テーマ【10期】


*価格情報は遊戯王☆カード検索を利用しました。
遊戯王☆カード検索

遊戯王OCGデュエルモンスターズ STARTER DECK 2017



STARTER DECK(2017)


 BEFORE:STARTER DECK(2016)
 2017年3月25日発売予定。
 略号は「ST17」(STARTER DECK 2017)。


 
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

目次


概要


 新規スターターはサイバース族が多く収録されています。

 新規サイバース族は特殊召喚に長け、様々なゾーンから展開することができます。


 これにより、リンク召喚へとつなげやすいデザインになっているようですね。

 そのぶんレベルはバラけており、エクシーズにはつなげにくい印象です。


 新しい召喚方法がわかりやすいように展開札を多く収録したって感じでしょうか。

 このスターターを使えばリンクモンスターも簡単に出すことができそうです。

【遊戯王】3箱で作る「STARTER DECK(2017)」デッキレシピ 私的評価・考察【サイバース族】




メインモンスター

《ビットロン》


 地属性・サイバース族の下級モンスター。

・引用元:遊戯王カードWiki


初動価格4月1日4月8日4月15日
46円45円↓43円↓44円↑



 レベル2にしては比較的高い守備力を誇るサイバース族のモンスター。


 通常モンスターのため、トライワイトゾーン、魔の試着部屋に対応しているのがウリ。

 リンク召喚環境では、展開力がより重要になると考えられるので、その手段が多いというのは魅力だと思います。

【考察】「STARTER DECK(2017)」好相性サポートカード 私的評価考察【サイバース族】


 スターター的にはリンクスパイダー、ハニーボットの素材にでき、ドラゴネットやRAMクラウダーで特殊召喚できますね。


遊戯王/ビットロン(ノーマルパラレル)/スターターデッキ 2017



《ドラコネット》


 闇属性・サイバース族の下級モンスター。
 召喚に成功した場合に手札・デッキからレベル2以下の通常モンスターを守備表示で特殊召喚できる効果を持つ。

・引用元:遊戯王カードWiki


初動価格4月1日4月8日4月15日
102円105円↑106円↑106円→



 レベル2以下の通常モンスターをリクルートできるひと昔前なら超絶優良カード。

 ギャラクシー・サーペントをリクルートしてライブラリアンをシンクロ召喚することができます。

 少し手間のかかるジャンク・シンクロンと比べると手札1枚からシンクロできるというのは強力。

 
 ちなみにギャラクシー・サーペントは再録が確定しており、スターターを買うだけでこのコンボは可能です。(ラリアンを持っていれば。)

 でもリンク召喚環境になったらライブラリアンの需要は減ってしまうでしょうね……。

   
 このデッキでは1枚からハニーボットをリンク召喚でき、リクルートした通常モンスターをリンク・スパイダーに変えたりと使い道が豊富なカードです。


遊戯王/ドラコネット(ノーマルパラレル)/スターターデッキ 2017



《RAMクラウダー》


 光属性・サイバース族の下級モンスター。
 自分フィールドのモンスター1体をリリースすることで墓地のサイバース族1体を蘇生する効果を持つ。

・引用元:遊戯王カードWiki


初動価格4月1日4月8日4月15日
170円150円↓142円↓145円↑



 モンスターをリリースすることでサイバース族を蘇生できる効果を持ったカード。

 このカード自身をリリースすることもでき、単純な蘇生カードとして使うこともできます。

 例えるなら蘇生版ローンファイア・ブロッサム。 


 墓地からハニーボットを蘇生させればリンク先をすることもできます。


遊戯王/RAMクラウダー(スーパーレア)/スターターデッキ 2017



《リンクスレイヤー》


 地属性・サイバース族の上級モンスター。
 モンスターが自分フィールドに存在しない場合に手札から特殊召喚できる効果、手札を2枚まで捨ててその枚数分だけフィールドの魔法・罠カードを破壊できる効果を持つ。

・引用元:遊戯王カードWiki


初動価格4月1日4月8日4月15日
212円194円↓186円↓185円↓



 フォトン・スラッシャーと同系統の特殊召喚効果と手札を捨てての除去効果を持っています。

 リンクスレイヤーを特殊召喚し、ドラゴネットかRAMクラウダーからもう1体呼び出すことでデコード・トーカーのリンク素材をそろえることが可能。

 除去効果もツインツイスター内蔵と考えればかなり強いカードではないでしょうか。


遊戯王/リンクスレイヤー(ウルトラレア)/スターターデッキ 2017





リンクモンスター

《デコード・トーカー》


 闇属性・サイバース族のリンクモンスター。
 リンク先のモンスターの数だけ攻撃力を自己強化する効果、リンク先の自分モンスターをリリースする事で自分フィールドのカードを対象とする相手の効果の発動を無効にして破壊する効果を持つ。

・引用元:遊戯王カードWiki


初動価格4月1日4月8日4月15日
333円586円↑555円↓592円↑



 このスターターデッキの花形、リンクモンスター。

 デコード・トーカーは自己強化と耐性を併せ持ったカードです。


 このカードを破壊されてしまうと後続のアタッカーが出せないので、耐性を持っているのはいい効果だと思いました。

 ただ、そのぶん相手のフィールドにもリンク先が伸びているのはデメリット。


 自己強化はリンクしてるモンスター全部とかだったらもっとよかったんですけどね。

 あと、リンク先が右下と左下なので、エクストラモンスターゾーンに出さないと無効効果も自己強化もほぼ使えないのはちょっとアレ。

 いちおうリンク・スパイダーなどの下に出せればリンク先扱いになるんでしょうけど、そうするとほかのカードが展開できない……。


遊戯王/デコード・トーカー(ウルトラレア)/スターターデッキ 2017



《ハニーボット》


 光属性・サイバース族のリンクモンスター。
 リンク先のモンスターに対象耐性と戦闘破壊耐性を付与する効果を持つ。

・引用元:遊戯王カードWiki


初動価格4月1日4月8日4月15日
151円150円↓146円↓149円↑



 リンク先が左右についたリンクモンスター。

 ドラゴネットやRAMクラウダーを素材にすれば簡単に出すことができそうです。


 リンク先に耐性を付与することができ、2枚のハニーボットをお互いにリンクさせることで対象耐性と戦闘態勢を付与することができます。


遊戯王/ハニーボット(スーパーレア)/スターターデッキ 2017



《リンク・スパイダー》


 地属性・サイバース族のリンクモンスター。
 リンク先に下級通常モンスターを手札から特殊召喚する効果を持つ。

・引用元:遊戯王カードWiki


初動価格4月1日4月8日4月15日
322円453円↑434円↓444円↑



 通常モンスター1体でリンク召喚できる破格のカード。

 このカードの下にハニーボットを出せば、その左右にエクストラのモンスターを展開できるようになりますね。


 ハニーボット+リンク・スパイダーとデコード・トーカーを比べると素材の枚数は同じ。

 どちらがいいかはデッキによるところ。 

 
 リンク先に下級通常モンスターを特殊召喚する効果を持ち、これは地獄の暴走召喚のトリガーに使うことができます。

 大量展開できるギミックとしては悪くないかも。


遊戯王/リンク・スパイダー(スーパーレア)/スターターデッキ 2017





魔法・罠

《サイバネット・ユニバース》


 フィールド魔法。
 自分のリンクモンスターを強化する効果、お互いの墓地からカード1枚をデッキに戻す効果、フィールドから効果で破壊された場合にエクストラモンスターゾーンのモンスターを除去する効果を持つ。

・引用元:遊戯王カードWiki


初動価格4月1日4月8日4月15日
86円86円→79円↓80円↑



 リンクモンスターはリンクモンスターを素材にコストを軽減できるため、墓地からデッキに戻す効果はわりと使えると思います。

 まあ貪欲な壺でもいいわけですが。


 相手の墓地も戻せるので、墓地発動できるモンスターを戻して妨害なんて使い方もできます。


 破壊された時にエクストラモンスターゾーンのモンスターをすべて墓地へ送る効果もなかなか強力。

 対象を取らない、破壊を介さない除去なので防ぐ手立てがほとんどありません。


 この効果は自分で破壊しても発動でき、サイクロンはもちろんのこと、リンクスレイヤーの効果でも能動的に発動させることができますね。


遊戯王/サイバネット・ユニバース(ノーマルパラレル)/スターターデッキ 2017



再録


 再録カードはサイバー・ドラゴンなどの特殊召喚モンスターに妥協召喚の雄、神獣王バルバロス。

 死者蘇生やミラーフォースといった懐かしいカードもあります。


 中でもイチオシは補給部隊ですね。

 最近のテーマは破壊をコストにして発動する効果が多く、補給部隊との相性がいいテーマが多いです。

 例えばメタルフォーゼや真竜なんかがそうでした。


 これからもしばらく破壊をコストに発動するテーマが続くかもしれないので、ここで入手しておくのは悪くないかもしれませんね。


【遊戯王】「真竜皇・真竜」デッキレシピ 回し方・構築・大会結果、対策についての私的評価考察―真竜・真竜皇 混合型―【マキシマム・クライシス】

【遊戯王】「メタルフォーゼ」好相性サポートカード 私的評価・考察【ザ・ダーク・イリュージョン】



最後に


 既存の召喚方法が弱体化したのは残念ですが、そのぶんリンク召喚への期待も高まっています。

 さすがに最初のスターターで環境を揺るがすことはないでしょうが、このデッキだけでも十分戦うことができるように思います。


 何よりこのスターターは特殊召喚できる方法が豊富なので、リンク召喚までつなげやすいというのがすごく良い。(語彙力ェ……)

 ペンデュラム召喚と比べるとその差は歴然ではないでしょうか。


 今までのどの召喚方法よりも簡単なリンク召喚。

 初心者にもおススメしやすい召喚方法です。


【遊戯王】3箱で作る「STARTER DECK(2017)」デッキレシピ 私的評価・考察【サイバース族】
【考察】「STARTER DECK(2017)」好相性サポートカード 私的評価考察【サイバース族】
【遊戯王】リンク召喚で使えるカード・テーマ【10期】

【Share】
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事


【おススメリンク】

【遊戯王】3箱で作る「サイバース・リンク」デッキレシピ 動かし方、回し方・構築についての私的評価・考察【サイバース族】

【遊戯王】「トワイライトロード」デッキレシピ! 回し方・構築についてなどの私的評価・考察【コード・オブ・ザ・デュエリスト】
【遊戯王】「星杯」デッキレシピ! 動かし方、回し方・構築についての私的評価・考察【コード・オブ・ザ・デュエリスト】

【遊戯王】3箱で作る「STARTER DECK(2017)」デッキレシピ 私的評価・考察【サイバース族】



【遊戯王】面白かったテーマランキング【9期編】
【遊戯王】初心者におススメしたい召喚別デッキ5選
召喚方法・ストラクチャー・リメイク別テーマリンク
・シングル購入はコチラ→トレカ通販トレトク

   
遊戯王 ブログランキングへ

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
今の攻撃力
カテゴリーメニュー
サイト内検索
ブログ内リンク
スポンサードリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
387位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
31位
アクセスランキングを見る>>
相互リンク募集中です!
コメント等で教えていただけると 助かります
月別アーカイブ(タブ)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ランキング
スリーブ情報